スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治主導確立法案「成立は微妙」(産経新聞)

 民主党の平田健二参院国対委員長は19日の記者会見で、国家戦略局設置を盛り込んだ政治主導確立法案について「今のスケジュールでは、(衆院で可決され)参院に送られても成立するかどうかは非常に微妙なところだ」と述べ、会期内での成立は難しいとの見方を示した。

【関連記事】
国会終盤戦 小沢問題で紛糾 会期延長現実味
終盤国会は剣が峰 現実味増す国会延長・参院選先送り
民主・玄葉氏、財政規律派でグループ結成へ
民主党有志、宗教法人の優遇税制を検討
自分でコケたとは言ってない…三宅氏“自作自演”疑惑を否定
中国が優等生路線に?

<ダイヤ鑑定かさ上げ>「何を信じれば」店舗・消費者戸惑い(毎日新聞)
普天間「閣議了解」でなく「首相発言」で決着も(読売新聞)
薬物犯罪、目立つ地域格差 国際空港を管内に抱える地裁に起訴集中(産経新聞)
官房長官の住民面会に抗議、徳之島住民が集会(読売新聞)
離婚式 「最後の共同作業」が盛況(毎日新聞)
スポンサーサイト

小沢氏「起訴相当」検審、岩手知事冷ややか(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件を巡り、東京第5検察審査会が4月に小沢幹事長を「起訴相当」と議決したことについて、岩手県の達増知事は10日、記者会見で「政治的な文章が見える」との認識を示した。

 知事は、「今回は新たな事実関係が出てきたわけではなく、『絶対権力者』とか、司法の文章に出てこない、政治的な文章が見える」と述べた。その上で、検察審査会に対しては「まあ務めを果たしたということで、お疲れさまでした、ということだ」と述べ、冷ややかな感情をにじませた。

 しかし、「正式なコメントは、詳細に読んでいないので答えられない」とも語り、慎重な発言が目立った。知事は同審査会の議決が出た際には、中国出張中で、コメントを出していなかった。

対米関係「大局的に協力できる」 志位・共産委員長が本紙と単独会見(産経新聞)
鳩山首相祖父の墓に黄色いペンキ(スポーツ報知)
大胆な財政出動方針、国民新が公約原案(読売新聞)
長野の小学生が伝統工芸に挑戦(産経新聞)
鳩山首相元秘書の有罪確定=偽装献金事件-東京地裁(時事通信)
プロフィール

にしたにひでひこさん

Author:にしたにひでひこさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。