スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「医学部新設に慎重な対応を」―医学部長会議が要望書(医療介護CBニュース)

 国立大学医学部長会議常置委員会は4月22日、東京都内で記者会見を開き、医学部や医科大の新設に慎重な対応などを求める要望書を13日付で鳩山由紀夫首相や川端達夫文部科学相らに提出したことを明らかにした。

 要望書ではまず、昨年10月に国立大学医学部長会議が鳩山首相らに要望した政策のうち、医学部定員の「研究医枠」の増員や診療報酬のプラス改定など一部が実現したことを評価した上で、今後も引き続き早期に政策を遂行するよう求めている。具体的には、運営費交付金を増額して2004年のレベルにまで戻すことなどを挙げた。

 医学部の新設による定員増については、今後、医師が過剰になった場合、新設の医学部(医科大)を廃部(廃校)することは困難であり、結果として各大学の医学部定員を削減することになると指摘。「これでは日本の全ての大学における医学教育および大学病院の診療は崩壊する」との懸念を示している。
 さらに、医学部の新設に当たり、現存の病院などがあれば医学教育ができるように考えられていると指摘。これについて、「現存の病院には特に基礎医学研究の実態はなく、質の高い医学教育はできない」と問題視した。その上で、教育の質が担保できない医学部の新設は、「単なるメディカルスクールの入れ替わりと言わざるを得ない」と苦言を呈し、メディカルスクール構想への反対も改めて表明している。

 このほか、医療崩壊や医師不足への即効性のある対策として、▽医学部実習の充実による医師初期臨床研修制度の抜本的な見直し▽さらなる診療報酬の引き上げ▽女性の常勤勤務医への積極的な支援―の3点を求めた。

■初期臨床研修、「2年は長過ぎる」
 同委員会委員長の馬場忠雄・滋賀医科大学長は初期臨床研修の期間について、「2年は長過ぎるのではないか」と指摘した。馬場氏は、医学生の実習を充実させて初期研修を1年程度に短くすれば、2年目には専門的な勉強が可能になり、「研修の充実ができる」との考えを示した。
 委員の山下英俊・山形大医学部長は自身の大学で導入している「Student Doctor制度」に触れた上で、「医学生の教育、初期臨床、専門医教育を一連の流れでやってほしい。医学生の段階からいろんなことが勉強できれば、専門医の知識や技量(の習得)をどんどん前倒しにできる」と説明した。


【関連記事】
医学部などの新設、意見集約できず-全自病
日医、医学部新設には「反対」
医学部新設と急激な定員増は慎重に―医学部長病院長会議
新臨床研修制度「トップランナーが育たない」―嘉山氏が講演
来年度の医学部入学定員は360人増―文科省

交通機関の優先席、本当に必要な人に 譲る人と譲られる人、お互いが気持ちよく(産経新聞)
還付金詐欺グループ3人を逮捕 被害額7000万円か(産経新聞)
防衛省関連の独立行政法人、家賃二重払い(読売新聞)
橋下府知事、空港活性化案「就任時とは隔世の感」(産経新聞)
父親は失血死と判明 大阪・枚方の刺殺事件(産経新聞)
スポンサーサイト

<名古屋市議会>恒久減税案など否決 河村市長「戦い続く」(毎日新聞)

 名古屋市議会臨時会は21日、本会議を再開し、市民税減税の恒久化、議員報酬半減の2条例案と、新たに8地区で地域委員会をモデル実施するための補正予算案の3議案を賛成少数で否決した。可決を目指した河村たかし市長と議会側の対立は一層深まりそうだ。

 本会議に先立ち、河村市長は「議会は市民の殿堂ではなくなってしまった」と議会のあり方を批判。「まだ決着はつかん。戦いは続く」と3議案の再々提出に含みを持たせた。

 議会側は2月定例会で、減税を「1年限り」とする修正条例案を可決したほか、議員報酬と定数を半減する条例案を否決、地域委員会のモデル実施を増やす予算も削減した。河村市長は3議案を「主権在民3部作」と位置づけ、臨時会を招集して再提出。しかし、議会側は「減税の恒久財源が示されていない」などとして、20日の委員会でいずれも否決していた。

 本会議ではこのほか、情報紙に掲載された議員報酬などに関する河村市長のインタビュー記事や過去の会合での発言をめぐる答弁について、市長から訂正の申し出があり、議長から報告が行われた。【高橋恵子】

【関連ニュース】
河村名古屋市長:応援団長に俳優の菅原文太さん
名古屋市議会:主要会派、ビラ全戸配布へ「市民の理解を」
名古屋市臨時会:19日招集 定数維持、報酬半減案調整も
名古屋市長:議会解散受任者募集で「はがき百万枚配る」
名古屋市議会:報酬維持を強調…議長「民意聞き基準に」

平野氏交代を要求=「知事欠席要請なら侮辱」-民主沖縄代表(時事通信)
盛岡ごみ処理場、二審も談合認定=JFEに9億円超の賠償命令-仙台高裁(時事通信)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(5)(産経新聞)
モスバーガーに64歳ナタ強盗…家なく金なく(読売新聞)
マンション通路で男性死亡=腹部などに刺し傷-三重県警(時事通信)

<山崎さん>「地球も、私たちも宇宙の一部」宇宙体験語る(毎日新聞)

 【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)奥野敦史】「地球も、私たち自身もやっぱり宇宙の一部でした」。国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子宇宙飛行士(39)が野口聡一宇宙飛行士(44)とともに米中部時間14日早朝(日本時間同日夜)、記者会見に臨み、山崎さんは初の宇宙体験を興奮気味に語った。

 会見は、地上約400キロの地球周回軌道を飛ぶISSと、地上管制を行うジョンソン宇宙センターを回線で結んで行われ、ISSの長期滞在員と、ドッキング中のスペースシャトル「ディスカバリー」の乗組員計13人が日本実験棟「きぼう」に顔をそろえた。山崎さんはこれまでの自分の仕事ぶりを問われて「チームワークのおかげで、スケジュールは前倒しで進んでいる。自分としては100%頑張っている」と自己採点し、自身と同様、働く女性たちに「宇宙に来るまで11年かかった。焦らず夢を温めて」とメッセージを送った。野口さんは2度目の宇宙体験を尋ねられて「毎回楽しんでいます」とリラックスした様子で答えた。

 ディスカバリーは17日、ISSから離脱。日本時間の19日夜、地球に帰還する。

【関連ニュース】
ISS:女性4飛行士の写真を公開 同時滞在の新記録
野口聡一さん:誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼
ISS:山崎飛行士が宇宙で琴、「さくらさくら」を演奏
ISS:宇宙でお国の自慢料理食べ比べ?日米露の飛行士
ISS:宇宙で避難騒ぎ 煙感知器誤作動

<ホームオブハート>慰謝料上乗せ 原告側と和解(毎日新聞)
隠したはずが襟元から釣りざお…現行犯逮捕(読売新聞)
首相秘書官が米国務副長官と会談へ 普天間移設問題(産経新聞)
<強盗殺人>78歳女性殺される 頭部などに切り傷…山口(毎日新聞)
「シカに矢」男女2人組逮捕「シカ肉は高く売れると聞いた」(スポーツ報知)

【人】女性4人目 最高裁判事に就任 岡部喜代子さん(61)(産経新聞)

 「だれのことですか。本当のことですか」

 最高裁判事に、という一報に、思わずこう答えた。それでも、「迷う余地はなかった。裁判官になりたいと思ってなった人間。重責だが全力で全うしたい。紛争をどう解決するのが当事者、社会にベストなのかという観点であたりたい」と話す。

 女性の最高裁判事は4人目で、判事15人中、女性が複数になるのは初めてだ。「女性だから、という考えはない。もっと増えていくよう、きちんと仕事をしなければならない」と意気込む。

 裁判官として17年間、実務にあたり、その後、研究者として17年間を過ごした。そもそも裁判官を志したきっかけは「“変人”だったから」と笑う。

 「結婚して家庭に入ることはできないと思いこんでいた。当時は女性が働くなら、医者か法曹関係。こつこつ記録を読んで勉強するのも苦にならず、裁判官が向いていると思った」

 裁判官として、印象に残っているのは薬害スモン訴訟で和解に携わったこと。北海道の原告を回って実情把握に努めた。

 「原告も被告も、その事件なりの、その人なりの事情を理解して、誠意を持って対応することの大切さを感じた」

 退官後も仕事漬けの日々だ。大学院で週に4~6コマの授業を持ち、研究会に出席し、論文を執筆…。「休日は何を?」という質問が一番困るという。

 「ほとんど仕事です。『つまらない』とも言われますが、愛する民法を研究できてうれしい」と意に介さない。趣味は木版画だが、「仕事と同じぐらいの集中力と忍耐力がいるので、息抜きにはならない」と笑う。

 判事就任を聞いた学生は驚きと喜びの声を上げた。「訴訟指揮と学生には厳しいと言われます。でも学生はかわいくて仕方がない」。法壇の上の判事と、傍聴する学生、師弟が法廷で再会する日は近い。(酒井潤)

                   ◇

【プロフィル】岡部喜代子

 おかべ・きよこ 昭和24年3月20日生まれ。東京都出身。慶大卒。昭和51年判事補。名古屋地裁判事補、東京家裁判事などを歴任。平成5年に依願退官し、弁護士登録。東洋大法学部教授を経て、19年から慶大大学院法務研究科教授。定年退官した藤田宙靖氏の後任として就任。好きな言葉は「見識ある技術、技術ある見識」。

1Q84 朝からファン、書店「ありがたい話題」 名古屋(毎日新聞)
子供のライター遊び火災、5年で28件 新潟県が注意喚起(産経新聞)
京都府知事選で“民自公相乗り”の無所属現職が3選(産経新聞)
<神奈川県箱根町>満開のサクラが雪化粧 積雪10センチ(毎日新聞)
まるで合コン…首相、夕食会でオバマ隣席を狙う(産経新聞)

大学忍び込みやすい…容疑者「関東50校で盗み」(読売新聞)

 東京都豊島区の学習院大学に侵入して学生のリュックから財布を盗んだとして、警視庁調布署が窃盗容疑で逮捕した男が、同署の調べに対して、「昨年10月以降、多摩地域を中心に、関東近県の大学約50校で80件以上の盗みを働いた」と供述していることがわかった。

 同署で余罪を追及している。

 男は、府中市本町4の無職横山夏樹被告(27)=建造物侵入罪で起訴=。同署幹部によると、横山被告は1月20日午前8時から同10時にかけて、同大の学生ホールで、女子学生(21)のリュックから現金1万円と、女子学生の出身高校が卒業記念で発行した図書カードが入った財布を盗んだ疑い。窃盗での逮捕は4月1日。

 横山被告は、2月16日朝、調布市の電気通信大で、普段学生が出入りしない教授室から出てきたところを、男性教授に引き留められ、駆けつけた同署員に引き渡されて現行犯逮捕された。この時持っていた図書カードの入手先を同署が調べ、学習院大での犯行を特定した。

 横山被告は、昨年6月にアルバイトを辞めて生活に困っていたといい、調べに対して「盗んだ金は生活費に使った。大学は忍び込みやすかった」などと供述しているという。

<新党>「たちあがれ日本」多難な船出か…10日発足(毎日新聞)
「うれしさ半分、緊張半分」=眞子さま、ICUに入学(時事通信)
「大阪都構想」、堺市長が研究会で検討へ(読売新聞)
新党には参加せず 党の新人事にも批判 舛添氏(産経新聞)
鉄工会社従業員、死体遺棄で逮捕=社長殺害もほのめかす-福岡県警(時事通信)

城山三郎空腹の従軍…海軍での手帳公開へ(読売新聞)

 作家の城山三郎が1945年、海軍入隊時に携行した未公開の手帳が24日から、横浜市の県立神奈川近代文学館で開かれる特別展に初出品される。

 理不尽な軍隊生活に一兵士として翻弄(ほんろう)され、空腹を訴える詩も書かれていた。

 同館では、「小説を通じて組織と人間を書き続けた彼の原体験を伝える貴重な資料」と話す。

 手帳は縦10センチ、横6センチ。故人の出身地、名古屋市に2004年、寄贈された遺品の中から確認された。

 戦前の城山は軍国少年で、17歳のとき志願して海軍に入隊。手帳には丁寧な万年筆書きの文字で、<生れては忠孝の民となり 死しては国家の神となる><規則ヤ命令号令ヲ絶対服従ノ精神デ実行スル>などと、勇ましい文面が並ぶ。

 だが次第に、食料不足や暴力の横行する生活に疑念を抱き、「空腹行」と題した全10行の詩には、<食欲禁ぜず無念の涙……胃の虫頻(しき)りに踊る菓子やの前>。その次ページには逆に、<丈夫自から起って事を為すべし 他人を恃(たの)むなかれ>と、自分を戒めるような記述も見られる。

郵政見直し、地方企業を圧迫=自民・石破氏(時事通信)
<ネット薬局>販売禁止は合憲 東京地裁判決(毎日新聞)
竪山容疑者を追起訴=女性への強盗致傷、窃盗で-千葉地検(時事通信)
国歌斉唱「声小さい」 橋下知事、任命式で一喝(産経新聞)
新党、月内結成へ=与謝野、園田氏-平沼氏との連携も(時事通信)

<傷害>別の患者骨折容疑で元看護師を再逮捕へ…兵庫県警(毎日新聞)

 兵庫県佐用町の佐用共立病院で高齢の入院患者6人が肋骨(ろっこつ)を折られたとされる事件で、県警佐用署は、うち1人を骨折させたとして逮捕した佐用町山脇、元看護師、羽室沙百理(さおり)容疑者(26)=懲戒解雇=を、別の1人に対する傷害容疑で4日にも再逮捕する方針を決めた。6人はその後に肺炎で死亡したが、羽室容疑者は「骨折を見つけて自分の評価を上げたかった」などと供述し、全員への暴行を認めているという。

 捜査関係者によると、再逮捕容疑の被害者は、09年1月19日に骨折が発覚した女性患者(当時88歳)。羽室容疑者は両手で胸を強く押して骨折させたとみられている。

 一方、神戸地検姫路支部は1日、羽室容疑者を傷害罪で神戸地裁姫路支部に起訴した。起訴状によると、09年1月18日、女性患者(当時85歳)の胸を押して骨折させたとしている。【山川淳平】

【関連ニュース】
患者骨折:カメラ設置後被害なし 看護師、体制強化察知か
患者骨折:胸部を強く圧迫か 逮捕の元看護師
患者6人骨折:看護師を傷害容疑で逮捕 兵庫の病院で
兵庫・佐用共立病院の患者骨折:カメラ設置後被害なし 元看護師、体制強化察知か
兵庫・佐用共立病院の患者骨折:元看護師供述と骨の折れ方一致

日本の技術を国際標準化=「知財」推進で三つの柱-政府(時事通信)
「紙との共存共栄図る」=電子書籍出版社協が発足会見(時事通信)
<千葉佐那>ドラマで注目、龍馬慕ういちずさに墓参者急増(毎日新聞)
【十字路】京都の“嵐電”100周年記念(産経新聞)
<学生将棋選手権>早稲田大Aが優勝…団体戦(毎日新聞)
プロフィール

にしたにひでひこさん

Author:にしたにひでひこさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。